Products  すべて受注製作|オーダーメイド可能です

始めに内部ありき

写真はIMAI式ラインアンプ(Delta)です。

音響工房アナログ式製品の朴訥な外観(顔)は、ノイズ発生や干渉を起こさない内部回路の配置や、操作性を重視したところから自ずと決まってきます。往年の真空管やトランジスタを使ったディスクリート機器と同様に「始めに内部ありき」なのです。


内部の秘密

今井式マイクプリアンプOldboy2
今井式マイクプリアンプOldboy2

1960ゲインブロックから始まった、オールディスクリートの音響工房です。

 

OLD LINEの主力製品に搭載され、単体でも購入可能なIMAI式ディスクリート回路を構成する1960ゲインブロックです。

このディスクリートオペアンプには8タイプのサウンドキャラクタがあり、

真空管のように差し替え可能です。

 

|ゲインブロックのご購入方法|ONLINESHOP「電子商店アナログ式」(カード払いのみ)、もしくは直接メールにてお問合せください。

※受注製作のため通常納期 15日 ※特注除く


ディスクリートのアナログ音を。もっと気軽に、身近に。

【音響工房アナログ式がめざす音】

ディスクリート&ハンドメイドのアナログ機材は、時代と共に失われてしまうかもしれない。しかし今、デジタルとアナログをつなぐことで広がる音の世界感も、あらためて注目されています。音響世界は何とも奥深いものだと思います。

  音響工房アナログ式では、音の本質を失わず、温かく、存在感があり、ある意味で人間的な奥行きや表現力のある音世界を、独自のIMAI式回路を中心にした機材でお届けしています。40年の録音エンジニア経験の耳と手、技術と知識が作り出す製品をお楽しみください。自スタジオで長年ヴィンテージAPIコンソール(1976年製 28-16-24)、AMPEX、STUDER等の往年のアナログ名機での録音現場で培った経験をもとにした、他にはない音響機器を目指します。

 

アナログ式(旧オールドライン)主力製品「ラインアンプ」

 ゲインブロックとの2大柱として、音響工房アナログ式(旧オールドライン)を支えている主力商品がラインアンプです。従来、ラインアンプは単体で使用される機材ではありませんでしたが、今井が自身の「仕事道具」として開発したオリジナル回路IMAI式を使用し、国内で初めて製品化しました。
 お陰様で音や性能にはプロからオーディオ愛好家まで、各方面のお客様から高い評価を頂き、15年間で200台近く納品させて頂いております(2018年現在)。

 

|ライアンプのご注文方法は|

ご注文の流れ」をご参照ください。既製品から特注品まで柔軟に対応可能ですので、まずはお気軽にメールにてご相談ください(ご相談・お見積りは無料です)。

価格につきましては、仕様により異なってきます。既製品ONLINESHOPをご参照ください。製品はすべて受注製作となりますので、納期もご注文状況や仕様によって異なります。

(※最低納期1ヶ月から 応相談)。


そのほか、ご要望に応じた特注品(フル/セミオーダー、仕様変更など)、コンパクトサイズの管球式ヘッドフォンアンプリペア・改造など、各種ご対応しています。まずはお気軽にメール(analogmode21@gmail.com)にてご対応ください。